母親による子殺しまたは保護者遺棄致死事件

育てられたけれど

体験のように思ってしまうのですねそして
子どもに確保してもらうという算段です。

けれど、お父さんは家族が大事で、そのために働いているとわかったら、お金はみんなが楽しく暮らすために必要な手段だと考えるようになりますお金さえあればいいという人生は、いつも満たされず寂しいものです。子どもが将来そんな生活を送らないために、お金以外の幸せがたくさんあることを、親は態度で示してください。また、お金がなくても十分楽しく暮らしていけることも、毎日の生活の中で教えてあげましょう。
親が、今子どもにしてやれることはお金がいちばん大事ではないと実感させることまず、親自身がそう感じていなければ、これは伝えられません。
「お金があるから幸せではないことを教えましょうお金持ちをうらやましがる場合9才の萌ちゃんは、今日初めて、同じクラスの若菜ちゃんの家に遊びに行きました。
オートロック式のマンションの8階まで上がると、すぐ目の前が玄関です。ドアをあけると、小さい犬が飛び出してきて、萌ちゃんを出迎えてくれました。大きな窓のあるリビングには、ふかふかのソファ。そこに座って、若菜ちゃんのお母さんが出してくれたケーキをいただきます。
私の部屋で遊ぼう!」
育てやすそうに感じる女の子ですが男女

子供は敏感なものです。

と連れていかれたところには、花柄のカバーがかかったベッドと、どっしりした木の机おもちゃや本やぬいぐるみも数えきれないほどあります。萌ちゃんはボーっとしてしまいましすごかったよ、若菜ちゃんち。
何でもあるんだよ!

家に帰った萌ちゃんは、さっそくお母さんに報告します。

ポメラニアンっていう犬がいてね、ケーキもすごくおいしいの。リビングはかけっこできるぐらい広いし、若菜ちゃんのお部屋には、電話もあった!
「そうなの。お母さんも行ってみたいな。もうすぐご飯だから、その前に宿題しちゃいなさい」
興奮気味の萌ちゃんは、お母さんがあまり関心を示してくれないのが、期待はずれでした。しぶしぶ机に向かって、またがっかり。萌ちゃんの部屋は5才の妹の咲ちゃんといっしょなので、机の隣に大きな二段ベッドがあり、狭くて暗いのです。

子ども書くことによって

うちにはふかふかのソファもないし、若菜ちゃんちとは大違いいなぁ、若菜ちゃんは
夕飯を食べながら、萌ちゃんは何度も言ってしまいました。
「ケーキのお皿もすごくきれいだったよ。ちゃんとケーキ屋さんみたいなきれいな紙がしいてあった。
も2台持ってて、お父さんは外車に乗ってるんだって」
車子どもが、お金持ちの友達をうらやましがるのはよくあることです。聞き流してもいいのですがときには自分の家のいいところにも気づけるよう、話をリードしてあげましょう。

へえ、すごいねえ。でもうちはどこに行くときもみんないっしょだから、車は1台しかいらないね2台あったら、ずっと飾っておくだけになっちゃ2
ピアノ教室で育てあげていきたいもの

教育は始まらなくてはならない。

「そっか-。萌ちゃんちはお父さんとお母さんが別々に乗ることがあるから、2台なんだ」
「ケーキはどこのお店で買ったのかな。お母さんも食べてみたいから、今度萌ちゃんのお母さんに聞いてみて」
あまり子どもが相手の家をほめると、少し嫉妬を感じることもあるかもしれません。相手の家を攻撃したり、だったら00ちゃんちの子になったらなどと言いたくなることもあるでしょう。でも、日ごろから親自身がうちも幸せだと思えていたら、気持ちを抑えられるはずです。あくまでも、子どもが自然にうちにもいいところがあるなと思えるようにしむけてあげてください。

咲ちゃんもケーキ食べた!
隣で聞いていた咲ちゃんも参加します。

じゃあ、今度お母さんが買ってくるから、萌と咲と三人で食べよう。
あ、お父さんも食べたがるか

うん!
すっごいおいしいケーキだったもん。
お父さんにも食べさせてあげよう!
家族がみんなで、自分が教わってきたケーキを食べて、りました。

練習にもなるというので親も喜んで行かせている。
子どもが困るのですよ。

子供の側はどんな気持ちなのでしょうか。

子供が聞き分けのないのは当たり前若菜ちゃんちでは、こぼさないよう緊張して、お皿をなめることもできます喜ぶところを想像し、萌ちゃんはうれしくなゆっくり味わえなかったけど、家でなら
でも、いしいねと言いながら、お母さんに怒られるけど
お金持ちの家と自分の家を比べてうちにも、けっこういいところがある
お金のあることだけが価値があると思わなくなります。そしてこの経験は、楽しく豊かにしてくれるでしょう。
育てあげていきたいものである他人を差別する

母親がとにかく

と思えると、子どもはきっと子どもの人生をお金をかけずに楽しめるようにしましょうおもちゃで遊んでばかりいる場合6才の知華ちゃんは、テレビを見ているといつもあれ、買ってと言います。アニメ番組の時間に流れるCMは、面白そうなおもちゃばかり。おまけに次々と新製品が登場するので、どれもこれもほしくなってしまうのです。
お父さんとお母さんは、知華ちゃんにあまりたくさんおもちゃを与えたくないと思っています。
ちゃに頼らず、自分で工夫して遊べるようになってほしいのですおもけれど、近くに住んでいるおばあちゃんは、知華ちゃんにねだられると弱いので、つい買ってしまいます。結局、お父さんとお母さんの意に反して、知華ちゃんのおもちゃは増える-友しばらく夢中になって遊んでいても、すぐに飽きて、新しいおもちゃを欲しがるようになってしまいました。
お父さんとお母さんはこれではいけないと話し合い、おもちゃを隠すことにしました。