学校によって

母さんを殴って気がすむなら殴りなさい。

学校ではもちろん

などと親が言っていると、子どもは人を服装や行動で判断するようになってしまいます。
子どもはさまざまな子どもと遊ぶことによって、いろいろな子どもがいることを学びます。
そして、自分と違う人たちとどう向き合っていけばいいのか、どう接していけばいいのかを学んでいきます。
命の尊さを子どもに
話して聞かせましょう
死んだほうがましだ死んだら楽になる
死んで相手に思い知らせてやろう
あんなやつ、死んでしまえばいい
死という言葉をあまりにも軽々しく口にする人がいます。
母親の私もどうにもならないンです。

父親の役割

えすぎています自分の命、他人の命をあまりにも粗末に考命は自分のものであって、自分のものではありません。悠久の自然の営みの中で、てつくられたものです。自然の中で生きとし生ける命、すべてが尊いのです。
偉大な働きによっ食事を始めるとき、私たちはいただきますと言い、食べ終わるとごちそうさまでしたと言います。この意味を考えたことがあるでしょうか。
いただきますは、私たちが生きるために食事の材料にされた大切な命をいただきますという意味であり、ごちそうさまでしたは、ありがとうございますという意味なのです。

 

母さん取ったよ!

子ども時代のことを聞いてみるこのようなことを親が理解して子どもに話して聞かせれば、子どもも命の尊さを理解します。中にはいちいち話さなくてもいいのでは……と思われるかたもいるかもしれません。でも、話すということは大事なことです。話さなければ子どもはわかりません。
子どもが生まれるときにどんなにその命を待ち望んだか、生まれたときに家族全員がどれほど喜んだか、このようなことを折にふれて話題にし、子どもに命の尊さを伝えることも大切です。週に1回、月に1回、あるいは家族のだれかの誕生日などでもけっこうですから、家族との楽しいだんらんの時をつくりましょう。
地球上のあらゆるものに生命があること、路傍に生えている草花にも命があることなどを話して聞かせたり、知っている人のお葬式に連れていくこともいい経験です。
学校によって

成長を見守ってきた。人は身近な人の死によって、ふだんは気づかない命の大切さを感じることもあるのです。
テレビドラマや漫画、ゲームなどの世界では人を傷つけたり、殺したりということが繰り返し行われています。そんなものを毎日のように見ている子どもは、殺人というものが日常茶飯事に行われるような気持ちになってしまうかもしれません。恐ろしいことです。
多くの人々がこのような番組やゲームは子どもに悪い影響を与えると主張していますが、なかなか改まりません。それならば、俗悪番組を見せないように自衛するしかありません。テレビや漫画、ゲム、すべていけないということではありません。きちんと番組を選んで見せるようにすればよいのです。
また、親たちがテレビ局にこうした番組を放映しないようにと訴えることも必要です。
社会全体の向上、個人の向上。

学校など自分が属している世界


日本全体が向上します。
この二つを平行して行うのが最も効果的な方法です。
そうすることで

子どもに命の尊さをわからせるしつけのポイント

テレビやビデオの番組は、おうちの人と一緒に選びましょう

自然にはあらゆるものが含まれています。わかっていることも、わからないこともすべて含まれています。
なことを考えます。好奇心にかられます。
だから、いろいろ
それと対極にあるのがバーチャル仮想な世界です。
高校はその意味でとりわけて多種多様

子どもが遊びに行く先々

学校にいる時コンピューターやブラウン管の中で起きる剌激的なでき事は、子どもたちを夢中にさせますが、バーチャルの世界は人間が作ったものです。プログラムの範囲以上のことはできません。だから底が浅いし、奥行きがありませんまずは、家庭という最も小さい現実の社会単位の中で役割を担い、ゲームづけの毎日にならないように気をつけてあげましょう。

親より先に死んではいけません

社会性を身につけさせることが必要です。
テレビやビデオ悠久の自然の営みの中で、命のバトンタッチが行われています。
命は、自分だけのものではないこと、子どもは親より早く死んではいけないことを、ふだんからよく言い聞かせておくことが大切です。親戚の葬式などがあったら、一緒に参列させてみましょう。死というものはどのようなものなのか、その悲しさを共有することも貴重な経験です。