子供は向こうへ行ってなさい。

練習にも身が入

母親自身の努力を始める必要があります。

れているからです。
親しくしてください
という気持ちが込めら東武動物公園名誉園長の西山登志雄氏は次のような言葉を述べています。

動物の子育ては力強くやさしい。人間は自分たちが動物だということを忘れています。動物の間ではほかと仲よくするために、相手のどこかに口元をすりつけるなどのあいさつ行為があります。これは相手に対して、信頼しますよというサインです。ところが今、人間社会では、このあいさつがなくなってきています。もし意識を持ってあいさつができれば、その先のコミュニケーションはもっとスムーズになるはずです本当にそのとおりです。朝のおはよぅございます。食事の前のいただきます。出かけるときの行ってまいります
子供は向こうへ行ってなさい。

子どもに伝わらないことがあります。

帰ったときのただいま。夜寝る前のお休みなさい。こういったあたりまえのあいさつが今、聞かれなくなっています。
あたりまえの言葉を、決まったときに言えばいいのですから、本当はあいさつほど簡単なものはないのです。毎日雨が降り続くときには、よく降りますね。暑いときには、お暑うございます
カギもカギ穴も個性的すぎるとうまく合わずに、心の交流が妨あいさつは相手の心を開くカギです。
げられてしまいますその言葉が自然と出るように、だから、あいさつはありきたりの言葉でいいのです。
しつけておきましょう。

 

個性の重要性がいわれ始めたころと重なっています。

学校に行くようになる小さいときから

あいさつができる子どもを育てるしつけのポイント

自分から先にあいさつをしましょう

相手から言ってくれるはずだと思っていると、ついあいさつをしそびれてしまい、気まずい雰囲気になってしまうことがあります。
あとからあいさつをしようと思っても、いまさら……ということにもなりがちです。
いつも自分から先にあいさつをする
習慣をつけておきましょう。そのためには、親から先にあいさつをすることです。むずかしいことを言わなくても、親の姿勢を見ているうちに子どもも自然と声が出るようになります

お父さん、お母さんにもきちんとあいさつをしましょう

親しき仲にも礼儀あり、あいさつありです。
母親のほうが大事なんでしょう!

子どもをとりまく環境日本人はなぜか、家族の中ではお互いにルーズになり、わがままを言いがちですしかし、生活の中心は家族の中にあります。すがすがしいあいさつをして、気持ちよく過ごしましょう。行ってらっしゃいは今日も頑張ってきてねという気持ちを込めて。お帰りなさいは、よく頑張ってきたわね、というねぎらいの気持ちを込めて言うようにしましょう。

きちんとおじぎをしましょう

背中を丸めておじぎをするときれいではありません。もちろん、しないよりはいいのですが、せっかくなら相手に気持ちよく感じてもらいたいものです。礼をするときは、時計の針が6時5分くらいの角度に腰から曲げ、背筋をすっきりと伸ばすときれいに見えます。これに笑顔が加われば申しぶんなしです。簡単そうですが、ふだんから練習をしておかないと案外むずかしいものです。

先生を信頼するようになるものです。


きれいなおじぎができるかどうか、親子でチェックし合いながら練習してみてはいかがでしょうか。
規則正しい生活が
健康な体と心を育てます夜型の生活をする人がふえています。夜の繁華街は昼間のように明るく、道行く人も昼間をしのぐほどおおぜいいます。コンビニエンスストアは24時間営業していますし、スーパーマーケットも夜10時まで営業するところがふえています。さらにインターネットや電話は夜間のほうが安い料金になっていますまるで夜型の生活が奨励されているかのようです。子どもたちも例外ではありません。夜型の子どもが確実にふえています。学校でも遅刻してくる子どもがふぇていますが、遅刻してくる子どもは夜にしっかり眠っていないので、授業に集中することができません。なまあくびをしたり、疲れたと言って机に寄りかかったり、忘れ物も多く、勉強は遅れがちです。
父親に見られている

子どもたちを見ている

育てるためにもまずこのようなことからだんだん学校がつまらなくなり、登校しなくなってしまう場合もあります体内崩壊の中で、短命化は子どもたちから進んでいる
食生態学の西丸震哉氏はべています法研刊と述小学校の子どもたちに現在の様子や一週間を振り返って自分の体の様子を調査したあるデータによると、眠い
あくびが出る
と答えた子どもが60%、横になりたい
頭がぼんやりする
と答えた子どもが40%もいるという結果が出ています。