子どもとの関係においてとても重要な期間なのです。

体験させてみるのです。

ら原因をたどると、夜型生活にいきつきます。6年生の就寝時間を調べたある調査では、10時前に寝る子はたった26%だったというのですから驚きです。外から見て元気でも、体内から崩壊は始まって規則正しい生活は、健康な体をつくります。朝起きて学校に行くまで少なくとも1時間は必要です。
朝は起きる時間を逆算すれば、夜は何時に寝なければならないかの計算はすぐに出るはずです。お子さんと一緒にこの計算をして、子どもにしっかりと守らせることです。初めはなかなか眠れないと言うかもしれません。でも毎日繰り返していくうちに自然とその時間が来ると眠くなるようになります。そして朝も時間が来ると、自然に目覚めることができます。
一日のリズムをつくることはとても大切なことです。朝·昼·夜の食事もそうです。
学校の家庭の枠からはみ出

  • 子供たちのためにある。
  • 学校を告訴した。
  • 練習に付き合ってやって

子どもの心にきちんと芯ができるのですね。三食きちんととることで体内時計はととのい、体のリズムをつくります。昔からよくいうように、寝る子は育つそして食べる子は育つなのです。

規則正しい生活を身につけるしつけのポイント

早寝早起きをしましょう

親が寝る時間まで子どもも一緒になって起きている家庭があります。成長期にある子どもの睡眠は、大人の睡眠より重要です。
大人には大人の時間がありますから、子どもにはきちんとそのことを言い聞かせて早く寝かせるようにしましょう。また、お母さんはどんなに夜遅く眠っても、朝は子どもと一緒に起きて朝食の支度をしてあげてください。

三度の食事はしっかり食べましょう

食事は人間のエネルギー源です。

 

子どもにどう出るのか。

最近、朝食を食べてこない子どもが多くなっていますが、食事を抜くと体にもよくありませんし、精神的にもよくありません。朝食を食べてこない子どもは登校してからも元気がありません。遊ぶでもなく、勉強するでもなく、だらだらと過ごしています。子どもが子どもらしくよく遊び、よく学ぶためには、エネルギー源である食事をきちんとさせることです

食後はしっかり歯磨きをしましょう

8020という数ご存じですか?
教育を終えての後すなわち
母親である自分が真底
子供に対して望む
80歳になっても自分の歯が20本あることを目標にしたスローガンです。
食後3分以内に3分間これが虫歯になりにくい歯磨きのポイントといわれています。
小さいころの歯磨きはお母さんの役割です。毎食後、きちんと歯磨きをしてあげましょう。習慣になってしまえば、自分で磨けるようになってからもあたりまえのように歯磨きをするようになります。また、1年に1回は歯科医に行って歯の検診をしてもらいましょう。
毎日のお手伝いは
家族に必要とされているという充実感を与えます人間が自立するということは、社会のために働き、その報酬を得てみずからの生計を立てるようになることです子どもは自立していませんから、自分の生計を立てるために働くということはありません。

 

子どもたちがそれぞれ自分

しかし、将来自立して働くということを頭において、世の中の人がなぜ働き、自分の家の生活はどのようにして成り立っているのかを理解させることは大切なことです。同時に家族や集団のためにできることをさせるということも大切なしつけです。
子どもたちは日ごろ、どのようなお手伝いをしているでしょうか。
ころ、次のような結果が出ました。
5年ほど前にある学校で調べたと※小学6年生の手伝い時間と主な内容

男子

平均3、4分●おつかい·ごみ出し·食事の手伝い布団敷き

女子……平均12分

●食事の手伝い一部屋掃除·おつかい·風呂·トイレ掃除※中学2年生の手伝い時間と主な内容平均

男子

9分●布団敷き食事のあと片づけ家の掃除·風呂の準備

女子……平均8.

6分●食事の手伝い·家の掃除おつかい·洗濯など全体を平均すると一日7分ぐらいです。
母親の私もどうにもならないンです。

子どもは家で満たされないぶん

お手伝いをしている子どもはなにかしらしているのですがしない子どもは全然していないので、平均を大きく下げています調査から見ると、多くの子どもは家庭生活で
必要な存在にはなっていないようです。子どもがキレやすくなっているといわれていますが、それはこうした事実と根っこで結びついているような気がし家のお手伝いを毎日するということは、それなりに苦しさやつらさを伴います。しかし、それ以上にお母さんの役に立っている、家族の役に立っているという充実感を子どもは感じているはずです。
幼稚園で子どもたちの様子を見ていると、5歳児が4歳児のめんどうを見たり、遊びを教えていることがあります。それは先生が見守りながら、ある程度、子どもたちにまかせているからです。
家でのお手伝いも同じです。