母さんはかせました。

幼稚園へ入れるときになってから目の色を変える。

先生となる

そこでお母さんは、いつしょに図書館に行き、厚めの本を選びました。

これは和希にはまだ少し難しいかもしれないけど、挑戦してみない?
和希くんは考えました。
のに何日かかるんだろう。

うん。じゃあ借りる!
普段読んでいる本より字が多いし、ページも2倍はありそうです。
でも、もし読めたら大人っぽくてかっこいいな全部読む子どもには、何をコツコツ続けた結果の達成感を味わわせてあげたいもの。

子どもに示さなければ。

それで自信をつければまた次に大変だけど努力をしようという気持ちが生まれます。子どもの得意な分野で、目標をっくって挑戦させてみてください。
和希くんはその日から、少しお兄さん向けの厚い本を読み始めました。意味がわからないところや読めない漢字があると、お母さんに教えてもらいます「あら、もうそんなところまで読んだの?すごいなあ。和希は読むのが速いね」
意味を教えてくれたあとで、お母さんがそう言ってくれると、けど、がんばってもっと読もうと思えるのです。
そこまでどういう話だった?お母さんに教えて
和希くんはうれしくなります。
難しい夕飯のとき聞かれた和希くんは、一生懸命話しました。

 

子ども自身

母さん同士のつきあいが始面白いね。早く続きが知りたいなあお母さんはニコニコしながら聞いて、子どもが何かに挑戦しているとき、親はよく見てほめてあげましょう。
はやる気を出し、楽しく続けることができますほめればほめるほど、子ども1週間後、和希くんはついに1冊読み終えました。こんなに厚い本をひとりで読めたなんて、自分でもウソみたいです。これなら、もっと難しい本も読めるかもしれません。よーし、今度は何にしよう。
少しずつがんばれば必ずやりとげられること。そして成功したときの気持ちのよさを、子どものころに、できるだけたくさん体験させてあげたいもの。

母さんが構えずにできることから。親は子どもの個性をよく見てリードし、サポートしてあげてください有名人の努力
の話をしましょうイチローにあこがれている子の場合9才の良太くんは、リトルリーグに入っています。イチロー選手が大好きで、テレビで大リーグ中継を見てはアメリカでもMVPとるなんて、すごいよね。ボクもイチローみたいに、大リーグで活躍したいなぁティングフォームを真似しています。
子どもたちのヒーローといえば、イチロー選手やサッカーの中田選手。世界を舞台に活躍する彼らは自分が必死に練習をしてきたことや、今でも欠かさないことなどを、あえて見せようとしません。

父親をないがしろにするところからマザコンが生じる

レディースのジャージを購入しました。子どもの目には天才だからやすやすと今の地位を築けたようにも見えてしまうでしょう。
子どもがスポーツ選手や歌手など有名人にあこがれたら、彼らが陰で絶え間ない努力をしてきたことを教えてあげましょう。天才でも、コツコツと一生懸命練習を続けないと、夢を実現できなかったことを知ると、子どもも自分もがんばって努力しようと思えるものです「イチローって、良太と同じ年のころには、毎日学校から帰ってくると、ずーっと練習をしていたんだって」
お母さんは良太くんにそう言って、イチローのお父さんがどういう練習をさせていたかを書いてある本を見せてくれました。
「ふーん、そうなんだ。じゃあボクも明日から毎日、学校に行く前にバッティング練習しようかな」

成績で卒業

母さんあなたの話はさっぱり分からないわ話して聞かせるだけでなく、子どもが自分で読める本を探して与えたり、そういうテレビ番組を見せたりしても、もちろんいいのです。有名人が努力する話は、親ががんばりなさいと言うよりもずっと深く子どもの心に届き、努力することの大切さを教えてくれるでしょう。
またイチロー選手は、小学校6年生のときすでに将来は一流のプロ野球選手になる
という目標を
持ち、「それには堪、高校で全国大会に出場して活躍しなければならない。そのためには練習が必要である」と言っていたといいます。自分の夢を実現させるために、小学校のころからしっかりと明確な目標を設定し、そのためにはどうしたらいいかを考えて、努力していたのです。


レディースのジャージを購入しました。 高校で困っ生徒というものは増加しつつある。 育てやすそうに感じる女の子ですが男女